丸顔・面長・三角・四角タイプ別 小顔対策

「老け顔」「童顔」「キツイ顔」お顔の形により損する人がいれば得する人もいます。 お顔には、丸顔・面長・三角・四角などの輪郭があり顔型によって人に与える印象が変わってきます。 自分のお顔の特徴を知ることで長所を活かし欠点をなくす小顔対策を行いましょう!

 

丸顔タイプ
丸顔タイプ

丸顔タイプの特徴

頬がふっくらしてアゴが丸くお顔の縦の長さが短い、または、お顔の横幅が長い状態。日本人に最も多い顔型で可愛らしさがあり童顔に見られやすい。ぼっちゃりに見られるのが欠点です。

 

小顔対策

作成中・・・

面長タイプ
面長タイプ

面長タイプの特徴

お顔がほっそりして長い面長は、額が長い・眉と目の間が長い・頬骨が長い・鼻が長い・鼻下が長い・顎が長いなどの部分的に長い場合もあれば、全体的に少しずつ長い場合もあります。顔の横幅が狭く、頭が小さい人も多くいます。大人っぽく見え実年齢より高く見られることがあります。

 

小顔対策

作成中・・・

三角タイプ
三角タイプ

三角タイプの特徴

頭のハチが張っていてアゴがシャープになってるため逆三角型とも言われます。頭のハチが張っているため、頭が大きく見えてしまいます。三角顔は、知的で繊細・神経質な印象を与えます。澄ましているとキツイ顔に見られるのが少し損。

 

小顔対策

作成中・・・

四角タイプ
四角タイプ

四角タイプ

エラは張っているため、お顔が四角く見えてしまいます。野球のホームベースに似ていることからベース型ともいわれます。下アゴの幅が広いため、どうしてもお顔が大きく見えます。平面的なお顔の方が多く、骨がゴツゴツして男性的にみられる人もいます。真面目で実直・頼もしい人・行動力がある印象を与えます。逆を言えば、頑固で融通が利かない人にも見えます。

 

小顔対策

作成中・・・